カストロとアボンは売り込み。

いきなり弁護士が法律を振りかざしては、かえってこじれる場合もあるので、ワンクッション置くために協力してほしいという相談でした。人間関係はなぜ悩ましいのかる0たとえば、いじめの問題であれば、まず第三者の立場の私が問を取り持つような役回りになこれは、物理的な問題が生じてそのときは実現しなかったのですが、一つの方法ではあるなと思いました。だけでこうした問題をすべて解決できるとも思わないし、かといって弁護士だけでも難しいでしょう。学校と親が地域の中で解決できればそれに越したことはありませんが、難しい場合、外部ともうまく連携することは、一つの可能性として今後考えらりませんが、難,れると思います。いまの社会は、とにかく子供が安心していられる社会ではありません。ということは、親いまの社会は、も子供も、誰も安心して自分の役割を果たせないということです。その役割を決めている秩序全体が動揺しているのです。こういうときに大事なのは、利害関係を取っ払ってでも協力することでしょう。まず危機を共有することが大事です。

第二章借金に押し潰される経済それは、大蔵省が金利の支払いを少なくしようとの意図の下で異常に低い金利に設定したためと思われる。ところが市場の実勢が現れ、国債の価格が暴落した。無理して低い金利で発行しても市場が受けつけなかった実例である。現在、アメリカの長期国債は六パーセント程度である。国により、期間により、金利は違っている。しかし正常な状況を想定すれば、六パーセントを中心に一パーセント程度の上下を基準に考えておけばよいように思われる。金利の支払額は、借金の残高と金利水準によって自動的に決まってくる。長期の国債であれば、時々の金利水準がすぐに金利の支払総額に反映されるわけではない。発行時点の金利で長期間の金利支払額が決まるためである。その意味では、当分の間は大きな金利負担にならずにすむはずである。

だからあまり期待して手を出ざない方がいいと。ところが数日後、メーカーの方が説明してくれるからぜひ来て欲しいと例のご夫人からの電話です。家内は家内で彼女との人間関係を壊さないために行ってくれといいます。仕方なしに行きました。67第三章使命感を得た人々 こちらもネットワークのことは職業上さんざん調べていますから、問題点を並べてぎゃふんと言わせようと、意地の悪い質問を浴びせました。私は業界全体のことを質問するのですが、彼はニューウエイズのやり方以外は何も知らないのです。その代わりニューウエイズのことはなんでも知っています。彼は訓々と説明してくれるのです。よくよく聞いてみると、彼の答えは、実質上、私が出した質問のすべてに対応しているのです。ほう、ニューウエイズはここまですべてをクリアしたのかと思いました。

更にそれをそそのかし、あやつる背後の勢力は、一連の訴訟を材料に私に対する狂気じみた中傷キャンペーンを展開しているのです。批判者に対して卑怯(ひきょう)な手段で攻撃を加え聞くにたえない中傷キャンペーンを一千万部をこえるメディアをつかって展開するのは創価学会の常とう手段です」 第章不貞による慰謝料請求訴訟そして次のようにも言っている。「被告について、原告らは、いろいろと虚構をかまえ、〃雲の上の存在″とか、著名人であったと言いますが、しかし、私は、当時、恐喝罪で起訴され、公判中の被告人であり、弁護士資格も、財産も社会的地位も一切失って、失意のどん底にあったので〃尾羽打ち枯らした〃という状況だったのです。だから、戦いの継続に他の人達の支援を得なくてはやって行けなかったのです」さらに山崎は泣いてみせる